【元AV女優が暴露】プロがH上達法を伝授!!

YouTube動画文字起こし

出演者情報

元神医師:包茎や早漏治療などのペニスの悩みを発信している「Dr.元神チャンネル」主宰。

萩原靖洋:美容クリニック業界でカウンセラーとして25年のキャリアを持つカウンセラー。

板垣あずさ:元トップセクシー女優。趣味はカラオケ 、プリクラ。特技:バスケットボール、歌

範田紗々:元トップセクシー女優。特技:温泉ソムリエ、陶芸、動物の鳴き真似

彼のHの上達法を元AV女優が伝授!?

板垣あずさ:こんにちは。板垣あずさです。

範田紗々:範田紗々です。

元神先生:ドクターの元神です。

萩原:萩原です。

板垣あずさ:「お前のエッチ下手なんだよ!」って言えない女子へのアドバイス!

企画詳細

エッチが下手な彼を持つ女子からの悩みに私たちAVレジェンドが彼のエッチの上達方法を伝授します。

萩原:先生、これ楽しみな回ですね。

元神先生:はい。

萩原今回はペニスの悩みではなくて、パートナーのエッチの技術が足りないという女性からのお悩みを紹介します。AVレジェンドにアドバイスをぜひお願いします。

ユーザーからの質問①

範田紗々:29歳女性から。彼のエッチが下手だけど伝えられないというお悩みが来ています。

付き合って3年になる30代の彼がいます。これまで付き合った人たちと比べてもエッチが下手です。恐らく本人にもその自覚があって一生懸命なのは伝わります。ですが触り方がぎこちない。気持ちいい部分に触れてこない。そもそもどこが気持ちいいのか分かってないんだと思います。エッチしていてもテンションは上げらず、できるだけエッチをしない方向に持っていってます。とてもいい人で別れたくはないので何とかうまくなってほしいんですが、優しい人だけに傷つきそうです。どうしたらうまくなってほしいと伝えられますか?そもそもうまくなる方法はありますか?

  • 29歳女性。
  • 彼氏のエッチが下手。
  • 触り方が何年たってもぎこちない。
  • 気持ちいい部分に触れてこない。
  • エッチしていてもテンションが上がらない。
  • うまくなってほしいけど言うと傷つきそう。

AVレジェンド板垣あずさのアドバイス

萩原:ということでございますが、こういう人たちに相談受けたりしますか?

範田紗々:性の悩み多いですよね?

板垣あずさ:それなりに多いですね。でも、あーちゃん思うんですけど、こういう悩みっていうのも分かるんですけど、自分からやってもよくない?って気もする。

範田紗々:女の子側から?

板垣あずさ:そうそう。テンションを上げてほしいって、どうしても悩んでる人ってテンション上げてよ、上げてよ系の人が多くて。言っちゃえば「やってよ、やってよ」っていうか。上げてもらうっていう気持ちよさもあると思うんですけど、自分から上げに行く手段を考える。

元神先生:2人でより楽しんでいくってことですよね?

板垣あずさ:そうそう。そうするとちょっとずつお互い「こういうことって別に恥ずかしくなんだな」とか「ここって好きな場所なんだな」とか、探り探りで意外と分かってきたりする気がする。自分からテンション上げてみるのもいいかなって私は思います。

萩原:自分からテンション上げて、女の子が上がってる興奮を見て?

板垣あずさ:巻き込むっていうの?興奮誘導ですね。

萩原:なるほど。そうすると指先にも全集中になるかもしれないですもんね。

板垣あずさ:そうそう。触り方がぎこちなくてもソフトタッチなら、それはそれで場所に当たれば気持ちいいし。

萩原:女の子側から高めてあげる?

板垣あずさ:そうそう。

興奮できるように女の子が誘導して高めてあげると良いかも

AVレジェンド範田紗々のアドバイス

萩原:さっちゃんアドバイスありますか?

範田紗々:これ付き合って3年なんですよ。お互い言い合えてないっていうか、ちゃんと話し合えてないっていうのはなぜかというと女性の方にもちょっと問題があるんじゃないかなと思って。AVにもありがちなんですけど、例えば男性がおっぱいをこうするだけで「あん」ってやるじゃないですか。多分この女性も満足してないのに彼を傷つけないためか、それか早く終わってほしいから盛り上げるためか、過剰なお芝居入っちゃうじゃないですか。「あ、すごいすごい、早く早く」って、イッてほしいから「もうイッちゃいそう」とか。そうると彼もすごい気持ちよくなってもらってるんだとか。

板垣あずさ:これでいいんだってなっちゃう。

元神先生:そういう演技が逆によくないんですね。

板垣あずさ:向上心を下げるというか。

萩原:学ばない?

範田紗々:そう。極端な話、何されても「ああ、うーん……」みたいな感じだったらいつもと違うなって雰囲気で「あれ?満足してない?」って。

板垣あずさ:「ここ気持ちよかったはずじゃない?あれ?」みたいな。

範田紗々:彼の方もちょっとずつ「俺駄目なのかな?」とか疑問に思って良くしていこうとか思わないかなっていう。

板垣あずさ:そういう気づかせ方もあるよね。

萩原:なるほど。

元神先生:勉強になりますね。

板垣あずさ女性は過剰な反応をし過ぎない。

範田紗々:完全な私の考えですけど、「あ!イッちゃいそう」っていうのは相手に早くイッてほしいからっていうのもあるから。

板垣あずさ:あるよね。「イッちゃう」って言うと男の人喜びがちじゃないですか。それで勝手に盛り上がってくれて「イケる~!」みたいな感じになりがちなので「もういいや」っていう女の子のひとつの技でもあるっていうか。

範田紗々:もういいかなみたいな。

萩原:なるほどね。

板垣あずさ:平和に終わらせるひとつの技なんですけど。

萩原:優しい嘘?

板垣あずさ:そう!

範田紗々:演出。

板垣あずさ:そう。演出なんですよあれ。

萩原:全然笑顔が固まっちゃって笑えてないんだけど。パフォーマンス?

板垣あずさ:パフォーマンスのときもかなりありがちなので、それもし過ぎない。

範田紗々:いつもよりちょっと落として、例えばこうやって触られても「もうちょっとこっち、こっち」とか誘導してあげるとか。

板垣あずさ:自分の手で誘導するとか。

萩原:なるほど。

範田紗々:やっぱり他人同士だから、なかなかピンポイントにお互いがいいとこって難しいと思うんですよ。

板垣あずさ:言わないと分からないんですよ。伝えないと分からないことなので匹敵はしますね。

Hが下手な彼に対する解決策

萩原:これ結構解決かもしれないですね。導いてあげる。後は話し合いをするってことですね。

範田紗々:でも偉いです。3年もずっと満足してないんでしょ?

板垣あずさ:でも自分だけはすごいお芝居上手になってるかもしれない。

萩原:そうかもしれないですね。

範田紗々:ぜひ女優さんになっていただいて。

萩原:女性は優しい嘘が多いよっていうことね?

板垣あずさ:そう。悪気はないんですけど、ただ男の人もそこに乗りかからないで常に向上心を持っていただけるといいかなと思います。

板垣あずさ範田紗々:また見てくださいね。バイバ~イ。

お気軽にご相談下さい

セレスクリニックではこれまでの治療実績に基づいて医師・カウンセラーが責任を持って情報を公開しております。ネット上には医療関係者ではない方の無責任な情報が蔓延して社会問題化しておりますのでご注意頂くと共に治療を本格的に検討される方は是非一度カウンセリングにお越し下さいませ。

セレスクニリックの包茎治療を今すぐチェック