中高年のセックスレス事情と解決策

YouTube動画文字起こし

出演者情報

元神医師:包茎や早漏治療などのペニスの悩みを発信している「Dr.元神チャンネル」主宰。

萩原靖洋:美容クリニック業界でカウンセラーとして25年のキャリアを持つカウンセラー。

松本まりな:元トップセクシー女優。スリーサイズ:B82/W89/H85。血液型:A型

中高年のセックス事情

松本まりな:こんにちは、松本まりなです。

元神先生:ドクターの元神です。

萩原:MCの萩原です。

松本まりな:女だって、何歳になってもセックスしたーい!って、ホント?

萩原:今回は、私たち50代前後、アラフィーのセックスの事情についてトークさせてください。はい。以前元神先生と私でですね、「中高年男性側ののセックスレス事情」についてトークしましたね。

元神先生:はい。

萩原:で、その時は男同士の会話では「セックスレスなんて仕方がないんじゃないか?」っていう話、「お互いに同士してればそれでいいんじゃないか?」っていう話になったんです。今回は我々よりちょっと年上のまりなさんの女性の意見を交えて、「中高年はセックスレスへ突き進むのか?」それとも「何かしらした方がいいのか?」という話をしたいと思います。

元神先生:あ、夫婦のセックスレス?

萩原:まぁ基本的には夫婦ですね。多分彼氏彼女だと「それなりにするのかな?」っていう気はしますけれども、「夫婦で」というふうな感じです。ネットで調べるとですね、子供達も独立して、セックスするチャンスはあるんだけれど、

  • 「家族になり過ぎちゃって今更感がある」
  • 「定期的にした方がいいと聞いたので曜日を決めてしているけれど、義務のようで苦痛」
  • 「結婚して30年になり、マンネリで刺激がなく勃起しにくい」
  • 「興奮せず濡れない」

という事なんです。50代以上の女性側の「セックスへの思い」って、何かありますか?

松本まりな:そうですね…夫婦だったら、それは「そうなっちゃうよね」「当たり前だよね」ていう感じのことを今言ってましたね。皆さんが、皆さんどこの夫婦も、やっぱそれはちょっと…思ってるところはあるんじゃないかな?って、あえてこう、話題に出して、リビングでね、お茶飲みながら話すことじゃないから…

萩原:そうですよね。

松本まりな:言いづらいから言えないだけであって、それはとっても悩んでる人達はいっぱいいると思います。

松本まりなさんの年齢を重ねてからのセックス事情は?

萩原:なるほど。女性からすると、例えば「痛い」「面倒くさい」「むしろだんだん性欲高まってしたい」とか、年齢的な変化ってあるんですか?

松本まりな私の話をすると、年々良くなってます。

萩原:あら。それは…

松本まりな:もう、右肩上がり。若い時のセックスって…「何やってたんだろうなぁ…」っていう…感じですね。「そんなに感じてたのかなぁ?」って考えると、なんだかわかんないけど、「あん♡あん♡」って言ってたような気がする。

元神先生:演技の?

松本まりな:演技の。あれ演技だったんだ。

萩原:今の方が深い?

松本まりな:うーん…深いですね。いろんなことの知識がありつつの今だからなんじゃないかなって思いますけどね。

萩原:これ、聞いていいかどうか。結構定期的にちゃんと…?

松本まりな:まぁ、ちゃんと定期的にはやってますよ。だってサビちゃうもん!サビちゃう。女性的にやっぱりしないとキレイを保てない。

萩原:なるほど。

松本まりな:ホルモンがやっぱりこう、下がってくるわけですよ女性ホルモンが、こう。閉経に向かって、こうなっていくわけですよ。そうするとどんどん女の子はサビてっちゃうので、時より潤いを、刺激をそうなんです、注入してくれないと。サビてっちゃうと思う。

若さを保つには性行為は重要?

萩原:先生これどうですか?女性側として、やっぱりそのホルモンが高まるようなことがないとサビてしまう?

元神先生それは性行為によって、女性ホルモンの分泌も高まりますから、それで、女性ホルモンってやっぱり大事ですね、あの、若さには。それは男性も一緒ですけどね。男性も男性ホルモンが大事ですね。

中高年の女性で濡れなくなった場合はコレを使え

松本まりな:あの、「濡れなくなっちゃって痛い」っていうお悩みでしたら、ちょっといいローションを是非買って、それを使うっていうのは絶対にありだと思います。

萩原:あ、そうなんですね。そうすると結構スムーズに入ってきて…

松本まりな:そうなんですね。あの、モノによっては、それにちょっと興奮する液が入ってたり…

萩原:媚薬的な?

松本まりな:そうですそうです。ちょっとふわっと熱くなったりとかするものもある、らしいので。

萩原:なるほど。

松本まりな:だからなんかこう注射器みたいにして、こうピュッて、プチュってやって、中に入れたりすると、ふわっと暖かくなって、そういう気分になって、「濡れなくて痛い」とかいう人も、それなりに解消される。そういうのもある。

萩原:へー。

松本まりな:それを女性が自分で買って、「こういうのがあったの」って言って、旦那さんに「あ、じゃあ使ってみるか?」なんて、それだけで、またね。

義務感のセックスは痛々しい

萩原:そうですね。きっかけになるかもしれないですね。いいこと。これ、「義務感」とかどっちかが我慢のセックスって、なんかもう…見てて痛々しいというか、苦痛じゃないですか?

松本まりな:そうですね…でも、欲がありますからね、性欲。それが、旦那様に性欲がなくなって、それも「サビ」だと思うんですよ。そうやってギラギラしている人の方がやっぱりこう、カッコいいし、いくつになっても。加藤鷹さんもそうですよ。60いくつになってもカッコいいんですよやっぱり。それって、「まだ現役だ」っていう感じのところがあるので、それはやっぱり出していった方がいいですよね。

萩原:なるほど。先生男性もちょっと、枯れたくないですね。

元神先生:男性ホルモンが大事です。

毎日オナニーは大事!?

元神先生毎日自分で行うのもいいですよね。だからホルモンが高まるわけですよね。

萩原:それこそ、前回、無茶苦茶それ、あの、再生回数上がったんですよ。毎日射精。毎日オナニー。

松本まりな:毎日する行為はスゴくホルモン整うし、あの…前立腺?男の人のね、前立腺的な話を…なんで私お医者さんじゃないのに…あれ?白衣着た?

松本まりな:前立腺的なことを言うとね、毎日出して新しいものを作って…

元神先生:そうですそうです、はい。

松本まりな:活性化しないと使わないと、モノは衰えていくので使いましょ!

まとめ

萩原:先生、結果、まとめとしては、中高年のセックスレスというか、レスになってくるのは致し方ないけれどもなるべく工夫をして、使った方が、お互いサビないと。

元神先生:そうですね。

萩原:わかりました。最終的には毎日オナニー。毎日射精をしてください。

松本まりな:毎日オナニー大事。

萩原:ただ、どっちかっていうと我慢するエッチはあんまりしない方がいいかもしれない。

松本まりな:そうですね。話し合いしましょ!

萩原:結果、まりなは、定期的に…やっていると…

松本まりな:右肩上がり。

萩原:ということです。ありがとうございました。

元神先生:ありがとうございました。

松本まりな:はい、ありがとうございます。

The following two tabs change content below.
医師 元神 賢太

医師 元神 賢太

他院でも治療しきれなかった難易度の高いペニス治療では日本トップクラスの実力を誇るペニス治療の専門家。医療機関アワード「全国最優秀賞」し、TV出演なども多数。 慶応義塾大学医学部卒。慶応義塾大学病院勤務を経て、船橋中央クリニック院長となる。その後、青山セレスクリニック東京青山院、埼玉川口院を開設し理事長として美容治療を提供。 公式サイトURL:http://celes-clinic.com/

お気軽にご相談下さい

セレスクリニックではこれまでの治療実績に基づいて医師・カウンセラーが責任を持って情報を公開しております。ネット上には医療関係者ではない方の無責任な情報が蔓延して社会問題化しておりますのでご注意頂くと共に治療を本格的に検討される方は是非一度カウンセリングにお越し下さいませ。

セレスクニリックの包茎治療を今すぐチェック