【現役医師が解説】包茎は切らずに治せる!?

YouTube動画文字起こし

出演者情報

元神医師:包茎や早漏治療などのペニスの悩みを発信している「Dr.元神チャンネル」主宰。

萩原:美容クリニック業界でカウンセラーとして25年のキャリアを持つカウンセラー。

切らずに包茎を治す治療って何?

萩原:こんにちは。ナビゲーターの萩原です。

元神先生:ドクターの元神です。

萩原:今回は包茎を治したい患者様から多く頂く要望の中に「切らずに包茎を治す治療はありますか?」っていうものがあります。

「切る事で不具合がないか?」
「傷は大丈夫か?」
「痛みはないか?」

って心配なさる方が多いわけですよね。そこで今回は元神先生にドラえもん的な立ち位置になって頂く、モトえもんになりきって頂いて切らずに包茎を治したいという全国ののび太君たちに良い道具ならぬ方法をアドバイスしてあげてもらえればと思います。

皮の付け根で余った皮をくっつける作戦

萩原:そもそも包茎の大きな要因は皮の多さにあると思うんですけれども、「皮の量が多く余っているからかぶる」ならば「こういう方法はどうでしょう?」と提案をしたいと思います。皮の付け根で余った皮をくっつける作戦。が業界に入った25年くらい前はペニスの付け根部分に特殊なのりとか糸で止めて顔の部分に皮がかぶってこないようにする、っていうのが出てたんですね。実際にやってらっしゃる患者さんも多かったんですけれども、これはどう思われますか?

元神先生元に戻りますよね、絶対。

萩原:「変わらなかった」という事で来られる方が多かったんですけれども、これはキープはできないものですか?

元神先生癒着を促進させるためののりや糸なんでしょうけどくっつかないんですよね、そんなところ。ペニスの根元にしても先にしても常に性行為とかマスターベーションで皮が引っ張られますから、そういう中で癒着っていうのは絶対起こらないんですよね。

萩原起こらない。これは方法としてはだめですと。

亀頭を大きくして皮をせき止める作戦

萩原:次が「亀頭に皮がかぶってくるんだったら亀頭を大きくしてやればどうなのか?」という事で、亀頭を大きくして皮をせき止める作戦というのを考えました。亀頭増大は注射治療ですからこれで治れば「切らずに治したい」っていうのび太君たちの悩みが解決するんじゃないかって思うんですけどどうでしょうか?

元神先生軽度の皮の余り、仮性包茎であれば亀頭を増大することによってせき止められこともあります。常にせき止められなくても簡単にむけるというか場合によっては可能ですし、そういうような希望実際ありますよね。

萩原先生は効果としてありだと思われますか?「少しでもかぶらなくしたい」とか、「今より改善したい」って思うのであれば。

元神先生:そうですね。今より改善したいのであれば可能は可能です。皮が常にかぶらないとかそういう保証はできないですけど。

萩原:「現状よりましになるよ」というところでしょうか。相当なカリの高さがでないと難しいですか?余り方によりますか?

元神先生元々の亀頭の大きさにもよりますし、皮の余り具合にもよります。

萩原:なるほど。どんな素材がいいですか?

元神先生:素材は色々なものがあるんですけども、吸収されるものと吸収されないものがありますから吸収されないものがずっと残りますからおすすめはしていますけどね。

萩原:皮がかぶらないくらいまで高さを出すっていう事は実際できる?

元神先生:皮の余り具合にもよりますけどね。皮が沢山余っていると物理的な力が強くなりますからどうしても乗り越えちゃうんですよ。

萩原:そうなんですね。素材にもよるんでしょうけど、すぐに縮まるとかっていう事はないですか?ある程度キープさせることはできますか?

元神先生:ヒアルロン酸とか吸収されるものでも非常に早いものがありますから、そういうのはあまりおすすめしないです、キープできないですから。主に行っているリパスGとかはしっかり止まりますからおすすめできますね。

萩原:なるほど。皮の余り方によっては包茎を切らずに改善できる可能性もあるということで、1度見せていただいてお話できればという事ですね。

皮の余り方によっては包茎を切らずに改善できる可能性もある

ペニスを長くして皮を後ろに下げてしまおう作戦

萩原:更に私考えてきたのは、ペニスを長くして皮を後ろに下げてしまおう作戦。さっきののり付けや糸で止めるものと同じなんですけれども、ペニスが伸びればその分皮が後ろに下がってかぶらなくなるということは、長茎術を行えば包茎が治るんじゃないかっていうふうに思ったんですけれどもどうでしょうか?

元神先生長茎術を受けると皮の余りがましになるというか前よりはかぶりの程度は改善しますけどね。

萩原:亀頭増大と同様に「完全にかぶらなくなる事は無理だけれども今よりかは改善はできるでしょう」という事ですね。長さを相当出さないといけないのか、かぶり方によりますか?

元神先生長さを出しても限界はありますから、手術自体では。限界がある中で改善はできると思いますね。

萩原:長さ引き出しました。元に戻るって事はありますか?

元神先生:しっかり行えば元に戻らないです。

萩原:戻らない。分かりました。

まとめ

萩原:こうやって今伺っていると皮の付け根で余った分をくっつけるというのはボツでしたけれど、亀頭増大と長茎術は切らずに包茎を改善する方法として「効果的と考えてもいいのではないか」という事。

元神先生:それはありますね。

萩原:すみません。僕それを言わせたくてというところがあるんですけれども、「包茎手術に叶うものなし」って事になっちゃいますか?

元神先生:皮が沢山かぶっている場合は包茎手術を受けないとかぶっちゃいますけども。

萩原:手術自体は切りますもんね。

元神先生どうしても切りたくないっていうことであれば、選択肢としては亀頭増大や長茎術を受けてみるのもありだと思いますね。

萩原:なるほど。分かりました。今回はモトえもんに助けてもらいました。「切らずに包茎を治したい」という全国ののび太君、方法はあります。例えば先生、まず亀頭増大をやってみる、長茎術をやってみる、それによってかぶり方を見て今後それが気にならなくなればそれでOKですし、「やっぱり」という風に包茎手術を決断するというのもありかもしれないですね。

元神先生:順番としてはありです。

萩原:分かりました。是非モトえもんに相談してください。ありがとうございました。

元神先生:ありがとうございました。

 

お気軽にご相談下さい

セレスクリニックではこれまでの治療実績に基づいて医師・カウンセラーが責任を持って情報を公開しております。ネット上には医療関係者ではない方の無責任な情報が蔓延して社会問題化しておりますのでご注意頂くと共に治療を本格的に検討される方は是非一度カウンセリングにお越し下さいませ。

セレスクニリックの包茎治療を今すぐチェック