【現役医師が解説】効果絶大!亀頭増大にはリパスG

YouTube動画文字起こし

出演者情報

元神医師:包茎や早漏治療などのペニスの悩みを発信している「Dr.元神チャンネル」主宰。

萩原:美容クリニック業界でカウンセラーとして25年のキャリアを持つカウンセラー。

亀頭増大ってどんな治療?

萩原:元神先生!改めて亀頭増大っていう治療は何なのか教えてください。

元神先生:亀頭増大は単純に亀頭に注射をして大きくしていく治療ですね。

萩原:一番わかりやすいって言えばわかりやすいですね。女性の胸に注射をして大きくするのと同じですね。ヒアルロン酸やコラーゲン、アクアミドやバイオアルカミドなどこれまで使われた素材なんかも紹介した回もありましたけども、元神先生が圧倒的に推しているのがリパスGですね。

元神先生:そうですね。

亀頭増大治療「リパスG」のメリット、デメリット

萩原:今回は、リパスGのメリット、デメリットについて深堀していきたいと思います。特に多くのですね、亀頭膨大希望のユーザーさんが知りたいのは、リパスGは良い素材だって先生が言ってくれるのはわかるけども、弱点はないのか。やっぱりそこも知りたいと、仰る人も多いんですね。リパスG。どうして他の素材よりも少ない量で膨らむのか。実際にリパスGを亀頭に入れる場合って、他の素材よりも少ない量じゃないですか?ヒアルロン酸などは亀頭増大のためには3~5ccくらいは必要だと思うんですけれどもどうして少なくても良いのでしょう?

元神先生:リパスGは体が免疫反応を起こしてですね、入れたリパスGに対して膜ができるんですけども、どんな素材でも膜が出来たりするんですけども、膜が比較的厚くできるんですよ。その膜っていうのはご自身の体の組織ですから、最終的にそれに置き換わるんですね。なので、リパスGはご自身の厚い膜に少し入っている状態で最終的に終わるんですね。その厚い膜があるから、入れる量は少なくて済むんですね。

萩原:なるほど。厚い膜自体は無くなっていくことはない?

元神先生:ないですね。

萩原:それがイコール永続性なんだということなんですね。

注入量のおすすめは?

萩原:先ほどヒアルロン酸の場合だと「3~5ccくらいの注入が必要」というお話をしましたけれども、リパスGは個人差はあると思いますけども、どれくらいの量がおすすめですか?

元神先生:少ない量でも効果は実感出来はしますよ。1ccでも出来るんですけども、2~3ccくらいが良いと思いますよ。

元神先生はリパスGの注入量を2~3ccを推奨している

萩原:なるほど。それでも他の素材よりは少なくて済みますよね。注入した直後が一番膨らんでいるものですか?

元神先生:いや、リパスGは他の注入剤とは全く異なっていて、体の反応によって起こるものなので、最初は3cc入れても少し物足りないくらいの場合もあるんですね。それがご自身の免疫反応によって膨らんできますので直後よりもしばらく経ってからの方が膨らみますね。

萩原:そうなんですね。どれくらいの時期で「大きさの完成」ってリパスGの場合は言えますか?

元神先生1ヶ月くらい経てば完成しています。

治療後はどのくらい膨らむの?

萩原:完成形は治療前と比較したときにどれくらい膨らむイメージを持てば良いですか?

元神先生:言葉でいうの難しいですが、二回りくらい違うかなっていう。

萩原:でも、他の素材よりは明らかに違いますよね。

追加の注入は可能?

萩原:将来的に追加の注入は可能ですか?意味はありますか?

元神先生可能ですけど、2、3ヶ月空けてからの方が良いと思いますけどね。

萩原:ある程度は一回で満足いただけているケースが多いですよね。亀頭がパンパンに膨らむわけじゃないですか。リパスG入れた方は、「直後がパンパンだな」って思うんですが、「圧迫されて痛い」ってことありますか?

元神先生:リパスGを入れた後は、そんなに最初は痛くないですけど、やっぱり後から大きくなってくる時に少し痛み出てくることはありますけどね。

注入して後から膨らむ際に多少張る感じの痛みが出る事もある

萩原:痛み方としては、やっぱり張っているような痛みなんですかね?

元神先生:そうですね。

萩原:それはやがて引いてきますよね?

元神先生:はい。

増大治療した事は気づかれる?

萩原:硬く弾力のある亀頭になると思うんですけれども、女性が触ったときに「何か入ってるな?」って不自然さを感じる様な硬さでしょうか?

元神先生女性側は絶対に気付かないと思いますよ。

萩原:「凄く張っている亀頭だな」くらいの感じ?

元神先生:そうそう!

萩原:女性が胸にシリコンバックなんかを入れた時に硬くなっていらっしゃる方がいるじゃないですか。そういう不自然さ、胸にシリコン入れている人みたいにバレちゃうんじゃないの?っていう男性いらっしゃるんですが。

元神先生:それは絶対にないと思いますよ。

亀頭がデコボコなったりしない?

萩原:亀頭がデコボコすることはありますか?リパスGはデコボコになりやすいとか、なりにくいというのは?

元神先生:なりにくいですね。ヒアルロン酸とか過去に入れた注射剤で問題点はですね、数年後とかにすごい凹凸が出たり、うちの患者さんはあんまり居ないと思うんですけども、他のクリニックでヒアルロン酸入れたとかでボコボコになっている患者さんとかたまに来るんですけど、あぁいうことはないですよね。リパスGはうちも導入してからもう何年か経ってますけど、居ないですよね。

萩原:他所で「5年前に入れました」って言って、亀頭の輪郭の部分に丸い粒が上がってくる方いらっしゃいますが、あれは深さの問題ですか?

元神先生:深さとかの問題でしょうね。

萩原:ちょっと切って出したりっていう方法しかないわけですよね?

元神先生:ヒアルロン酸だったら、ヒアルロン二ダーゼっていう、ヒアルロン酸溶解注射っていうものがありますから、そういうの入れたり、炭酸ガスレーザーで少し削ったり出来ますけどね。

ヒアルロン酸の凸凹であればヒアルロニダーゼや炭酸ガスレーザーなどで除去する事ができる

萩原:出来れば1回で、綺麗に滑らかにしたいですよね。リパスGはその辺は安心ですね。形・大きさ・効果の持続性っていう点で考えるとリパスGに対する、元神先生の評価はどうですか?

元神先生:圧倒的にリパスGが良いですね。

全ての注射剤を扱ってきた元神先生イチオシはやはりリパスG

萩原:それは揺るがないですね。

元神先生:色々やってますから。今まで。全ての注入剤扱ってますけど、リパスGが一番良いです。

注入する素材で効果の差はある?

萩原:素材によってですね、増大の効果の差ってあると思いますか?

元神先生:全然違います。ヒアルロン酸とかはそもそも柔らかすぎるんですよ。すぐ吸収されますから。全然良くないですね。

萩原:ここまで推すっていうのは患者さんにとっても安心感だと思うので、痛み・凹凸が心配な方ってたくさんいらっしゃると思うんですけどもその辺りもカウンセリングでキチンとお答えしていきますので、「やりたいけども勇気出ない」っていう方は是非ご相談いただければと思います。

元神先生:あともう一つ大事なのは素材だけじゃないんですよね。リパスGを入れるのは層が大事で、層っていうのは亀頭の中の皮膚の表面から何ミリ下っていう世界なんですけど、この場所が大事なんですよ。

萩原:なるほど。素材と、ドクターの技術が大事だっていう事ですね。今回は、元神先生が最も推している亀頭増大の素材、リパスGについて勉強しました。ありがとうございました。

元神先生:ありがとうございました。

 

The following two tabs change content below.

お気軽にご相談下さい

セレスクリニックではこれまでの治療実績に基づいて医師・カウンセラーが責任を持って情報を公開しております。ネット上には医療関係者ではない方の無責任な情報が蔓延して社会問題化しておりますのでご注意頂くと共に治療を本格的に検討される方は是非一度カウンセリングにお越し下さいませ。

セレスクニリックの包茎治療を今すぐチェック