【現役医師が解説】なぜ真性包茎・カントン包茎は剥く事ができない?

YouTube動画文字起こし

出演者情報

元神医師:包茎や早漏治療などのペニスの悩みを発信している「Dr.元神チャンネル」主宰。

萩原:美容クリニック業界でカウンセラーとして25年のキャリアを持つカウンセラー。

むけない包茎の仕組みを解説

萩原:こんにちは。ナビゲーターの萩原です。

元神先生:ドクターの元神です。

萩原:元神先生、実はカントン包茎や真性包茎といった、むけない包茎の方々からのご質問・ご相談が多いんです。むけない包茎の仕組みがわからないという方のために亀頭と皮、締めつけの構造、ペニスの仕組みについて元神先生に教えていただきたいと思います。仮性包茎の方はかぶっていてもむけますから、皮がどうやってむけるのかどこから皮が出てるのか、自分のペニスで確認ができます。ところが、むけない・むけにくいカントン包茎や真性包茎はめったに亀頭を出すってことができない。皮がどうしてむけないのか、亀頭と皮ってどういう関係になっているのかっていう構造が謎なんですよね。

元神先生:痛みでたぶんむけないと思うんですけども、じゃあどこが問題でむけないのかとか、痛いのかが分からないんでしょうね。

ペニスの構造を理解していないと皮がむけない根本的な原因は分からないかも

包茎になる原因

萩原:これまでカントン包茎だとか真性包茎の手術方法って、先生にご説明してきてもらったんですが、構造・仕組みについて教えていただきたいなと思います。皮の先端の締めつけが強いからむけないとサイトで書いてあっても、そもそもどの部分が締めつけているかっていうのがご理解いただけないようなんですね。包茎手術と言われても、どこを切るから傷跡が綺麗でどうやると汚いのかっていうことも教えていただければと思います。カントン包茎や真性包茎の方ってどうなっているのかというと、要は、穴が狭いわけですよね。亀頭の大きさのが大きいからどうしても物理的にむけないわけですよね。締めつけてるってのはここの部分を言っているんですよね。

元神先生:まずよくわかってない方は多いと思うんですけれども。亀頭に尿道があるんですよ。で、皮にも穴があるんですよ。同じじゃないですからね。包皮輪て穴と亀頭の穴は別のものなので、穴がかぶっている状態では二つある。

萩原:穴が一体になっていると思ってらっしゃるんですね。

元神先生いきなり穴からおしっこが出るわけじゃないです。見えてる部分は尿道ではないです。

萩原:これ、仮性包茎とか包茎じゃない方はそんなの当たり前じゃないかと思っているんでしょうが、カントンや真性の方は分からない。

ペニスの仕組み

萩原:これ断面図ですね。亀頭があって、サオがあって、皮がこういうふうに切り替わってるんですよね。

元神先生:そうですね。

萩原:こっちが亀頭側を向いている薄いピンクの皮、これ内ばんといいます。外側が外ばんという茶色のゴムみたいな皮なんですね。仮性包茎だとこれ、むくとこのピンクの層がここにくるんですね。で、途中から茶色の皮になると。これがまたかぶると、ピンクがこっち側にきて外側に茶色い皮がくると。で、これができないわけですよね。

元神先生:狭いんですよね一番は。狭いからむこうとすると、締めつけがあったり、ピンクの内ばんと亀頭が癒着しちゃってる場合もありますね。これ隙間あります。完全にくっついちゃっててむけないと。のりみたいにくっついてる感じですね。

真性包茎、カントン包茎の手術方法

萩原:仮性包茎の場合はつるんとむいて、内ばんの皮、亀頭の下から上を切って持ち上げて縫い合わせるっていう。だから傷跡が綺麗ですいうふうにとお伝えしているのですが、真性包茎・カントン包茎の方は狭いからそもそもむけない。となると広げる必要があるんですね。

萩原:これを絞扼除去などと言いますけれども、締めつけの除去を行うと、で場合によっては、くっついてる方は癒着剥離といって、のりをはがしていくことができるということなんですね。で、患者さんから質問がある、締めつけの部分をビーッと前に引っ張ってチョキンと切るんでしょ?

元神先生:ビョーンて伸びてチョキンとは危険でできないです。癒着してることが多いんですよね亀頭と。

皮を伸ばして着るのではなく、包皮輪の穴を広げる手術を行う

萩原:なるほど。じゃあ保険の病院であっても、あまりにも締めつけが強い場合は、広げていくっていうやり方は一緒ですか?

元神先生:そうですね。広げていきますね。

萩原:締めつけが解決すれば広げてあげれば1回はむけるわけですから、あとは仮性包茎の手術のやり方と一緒ですよね?

元神先生:そうです。

萩原:一工程多いというか。で、くっついてる場合はもう一工程多くなるよということですね。

真性・カントン包茎と仮性包茎の手術後の過ごし方の違い

萩原:手術後なんですけれども、この仮性包茎手術と真性包茎・カントン包茎の手術の注意事項というか過ごし方は違いますか?

元神先生:注意事項は基本的には一緒ですけどね、亀頭が露出しないので痛みがちょっと強いかもしれないですね。

萩原:そうですね。要は、手術後はピンクの皮がなくなって茶色の皮がここにくるんですけども、亀頭が常に露出した状態になると最初のうちはやっぱり電気が走る感じがあるかもしれないですけれども。これは、皆さん小学6年生から中学生・高校生くらいで頑張ってむいて慣らしてますからね。それが大人になってからきたと思ってください。

まとめ

萩原:今回は結構先生に細かく、どの部分がどうだからむけないんだよっていうことを教えてもらいました。仮性包茎よりは難しい手術になりますよね。

元神先生:そうですね。

萩原:時間的にはただ30分くらい?

元神先生:そうですね。そんなに変わらないですね。

萩原SEX、マスターベーションなどの注意事項とかシャワーの注意事項などとほぼ変わらない。ただ亀頭のビリビリ感がしばらく慣れるまではあるというところだけが違います。真性包茎・カントン包茎の方、構造・仕組み分かっていただいたと思うので、恐るるに足らずでご相談いただければと思います。今回は真性包茎・カントン包茎の仕組みについて元神先生に教えていただきました。ありがとうございました。

お気軽にご相談下さい

セレスクリニックではこれまでの治療実績に基づいて医師・カウンセラーが責任を持って情報を公開しております。ネット上には医療関係者ではない方の無責任な情報が蔓延して社会問題化しておりますのでご注意頂くと共に治療を本格的に検討される方は是非一度カウンセリングにお越し下さいませ。

セレスクニリックの包茎治療を今すぐチェック